アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし

管理者を置く義務

難しい衛生管理者の試験に受かりたいならここのサイトから試験情報や勉強方法を調べてみてください。詳しいことがのっていますよ。

衛生管理者という職業をご存知でしょうか。
衛生管理者とは、労働災害を事前に防ぐために労働者の危険や健康障害につながるかもしれないことをチェックして適切な措置をするという職業です。
簡単に言うと、健康診断を実施したり、職場の衛生環境をチェックするという職業ですね。
別に特別な資格が要らないような地味な職業に思えるかもしれませんが、衛生管理者になるには試験を受けて資格を取得することが必要なんですよ。

さらに、労働安全衛生法によって50人以上の従業員がいる事業所には衛生管理者をさいてい1人置くことが義務付けられているんです。
事業所の従業員が50人から200人の場合は1人、201人から500人以下の場合は2人、501人から1000人以下の場合は3人、1001人から2000人以下の場合は4人、2001人から3000人以下の場合は5人、3001人以上の場合は6人の資格保持者を置くことが義務付けられているんです。

私たちは普段中々耳にすることもなく、馴染みがない職業ですが、事業所にとっては必要な人材なんですね。
ただしその試験もあまり有名ではないので、試験に合格した衛生管理者の人数がかなり少なく、法律により義務付けられているにも関わらず未選任になっている企業も多いんです。

ですから試験を受けて衛生管理者になるには数が少ない今がチャンス。
就職にかなり有利になると思いますよ。
また今現在総務や労務部門で働いているという人、そのような部門に異動になるかもしれない人にもおすすめ。資格を取得すれば資格手当も受給することができるかもしれませんよ。

難関試験ではありませんから、興味を持った方は受験に向けて勉強してみてはいかがでしょうか?